キラーコンドルズ
【TEXT】 1人夏フェス気分 byゆみ
こんにちわ。 ゆみです。

魔界村、激ムズなゲームですよね。私は、1面のかなり最初の段階で死んでしまいます。
高橋名人の冒険島は、最後までクリアーしましたよ。これ、かなりの自慢なんです。
後半、武器も落ちておらず、ジャンプのタイミングを把握する時間と技術と忍耐力が
かなり必要です。ゲームは1日1時間じゃ、絶対クリアできません。

と、熱く語ってしまいましたが、今日はライブDVDのお話。

Yardbirds(ジェフベック・ジミーペイジ・クラプトンがメンバーだったことがあるバンド)の
当時のライブ映像と老けた本人(ジェフベックとジミーペイジと他メンバー)の
思い出話を収録したものを鑑賞。期待していた以上に面白く鑑賞しました。
まず、老けたジェフベックは、タンクトップを着ていたんですが、腋毛がないんですよ!
びっくり。外人だから金髪なだけか?と目を凝らして見たんですが、やっぱりない。
とっても神経質な雰囲気を前面に醸し出していたので、イライラして抜いちゃったのかな?と
私的見解。ちょっと彼にはしたくないタイプでした~。って言われてもって感じ?
ジミーペイジは、当時の映像は、とっても細くて知的そうで、かっこよく、
メンバーに抱かれるなら、ペイジ、貴方を選ぶわ☆ってくらいかっこよかったです。
しかし、老けたペイジは、私の母方の祖母に似ており、ある種複雑な思いで見ました。
f0010032_4263440.jpg
The whoとジミヘンは、1970年に島で行われたフェスのビデオを鑑賞。
まず、The who。山根似のベースさんのがい骨全身スーツに目を奪われます。彼だけ何故あの衣装?目立たないから?大人しいから?他のメンバーに強制された?などと、色々と想像を膨らませて楽しめます。
ギターさんは、白のつなぎを着ているのですが、裾が短く、
赤い靴下がちらちら見えて、とってもキュート。
そして、なんといってもドラム。止まることを知らないって感じで、エネルギッシュ。表情も動きも限界ぎりぎりに自己アピールしていて、憎めない感じでした。バタバタしたパワフルなドラムが好きな私は、彼から終始目を奪われておりました。素敵よ。ああ。大好き。
でも、彼、早くに亡くなっちゃってるんですね。残念です。。


ジミヘンは、前みた映像より大人になっていて、演奏がとても落ち着いていました。
(前見た映像は恐らくウッドストックだと思われます)
ジミヘンのストラップは、いつも可愛い柄なんです。
多分、あの可愛い柄ででも女の子のハートをキャッチしていたに違いありません。
ジミヘンのドラムも好きなんです。ああいうドラム叩けたら楽しそうだなー常々思います。
ジミヘンの衣装って腕にヒラヒラがついていることが多いような気がするんですが、
ギター弾く時に、気にならないのかしら?ガムを噛みながら、よくギター弾けるなー。
関心しっぱなしで、鑑賞いたしました。

久しぶりに長い文章を書いてしまいました。読んで下さった方、ありがとうございます。
ぐろやんと日高君は、フジロックに行くんですもの。
私は、気力と体力がないので、行けないけれど、
ライブDVDを見まくって、同じくらいテンション上げていこうと思います。
いや~。音楽ってほんとに良い物ですね~。ではでは。
[PR]
by killer_condors | 2006-07-23 04:34 | 音楽ネタ
<< 【TEXT】 プロレス本10選...   【TEXT】 ファミコン hi... >>