キラーコンドルズ
【TEXT】 今日はサウナに入るな akai
殺伐とした名前のせいか。ともするとダーティーなイメージが付きまといやすいキラーコンドルズ。日々イメージアップを図っているところなのです。
前回「環境問題を語る」なんて書いて主にエコロ方面の株を大幅に上げたところですが、更なるイメージアップをもくろみ行って来ましたよ、献血に。
献血したことない人も私のレポートを読んで献血に対する不安や疑問を解消していただけると嬉しい。
f0010032_22242461.jpg

献血ルームはなんか漫画喫茶みたいな感じで結構混んでいました。ギャル風の女性二人連れにスーツ姿の紳士、お年をめしたご婦人までいました。みな善人に違いありません。
まず、用紙に名前とか住所とか昨日は何時間寝たかとか最近イギリスに行ったかとか同性と性交渉したかとか書かされます。書類を書き終え、さてどれだけ待たされるのかと飲み物(無料)を用意して本棚にあったドカベンを読み始めるとすぐに名前を呼ばれて血圧を測らされました。
で、採血する部屋に通され右腕から少し血を抜かれた。400cc採ると聞いていたのに随分少ないなと思っていると、係の人は試薬みたいなものに血をたらし「確かにA型ですね。」ということで、これは血液チェックなのだと気づく。
その後歯医者の椅子を倒したみたいなやつに寝せられ献血本番開始。左腕から400ccの血液をぬかれ、今日はサウナに入るなとか注意を受けてあっという間に終了。
痛くはないかって?そりゃ少しは痛いさ。

無料の飲み物でものんでゆっくりしていきなさいという事で、ドカベンの続きを読み、アストロ球団も読みロッテリアのハンバーガー(無料。ただし一人ひとつ)を食べていると、別室で専門家(ボランティアのおっさん)が無料で手相を見てくれるというので試してみることに。
「手相を見るとまったく悩みが感じられない。一体なにを見てほしいのか。」と多少無茶なことを言われたので「金運」と答えてみたところ「今は良くなくても将来はきっと金持ちになる。」と言われました。素晴らしい
[PR]
by killer_condors | 2006-01-18 22:31 | 雑記
<< 【TEXT】 プログレッシヴ・...   【TEXT】 環境問題を語る ... >>