キラーコンドルズ
<   2006年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧
【TEXT】 注意深く生きるということ hidaka
深い事情がありフジロック2日目のみの参加のはずが、ナゼか3日目まで残留し最終の新幹線にて東京に帰ってきました。
無事帰ってきたと言いたいところだけど、アカイのコメント通り「完璧に無事」ではなく、ひとつ問題が。

3日目はとてもよく晴れてまさに絶好のフェス日和でしたので、熱射病になってはいかんと思い頭にタオルを巻いていたんですね私。
熱射病にはならなかったですがね、帰ってタオルを取って鏡を見ると何かがおかしい。
おでこの途中から色が違う。タオルのせいでありえない位置に日焼け線。
これは何というか、完全バカ丸出しですよ。

例えるなら、まるで顔出し看板↓みたいになってしまっている。一人顔出し看板だ。
f0010032_23454364.jpg


何だか悲しくなったね。私は毎年「今年の抱負は注意深く生きる事」と明言しているのだ。
にも関わらず、こんな「注意深く生きていない人」でもやらかさないようなミスをするのだよ。
今年も改善されなかったので来年の抱負も「注意深く生きる事」の続投が決定。

とりあえず明日はモジモジ君の格好をして出かけようと思う。これで目立たないでしょう。
f0010032_0312733.jpg

[PR]
by killer_condors | 2006-07-31 23:50 | 雑記
【TEXT】 フジロックからコンニチワ Ishiguro
ただ今、フジロックの会場内のネットカフェより書いています。

とまさにこれを書いている隣のブースで電気グルーヴの2人が
トーク収録をしていてなんか面白いこと言ってます。
今回の富士山のカブリモノの話とか、尊敬する人物はエジソンとか。

さて、今現在での個人的ベストアクトは

1位 Kula Shaker
2位 Zutons
3位 電気グルーヴ

でございます。
Kula Shakerは異常な盛り上がりで大変でしたよ。
Zutonsはメンバー全員と握手をしてしまいました。
電気グルーヴはいきなりN.Oをやって面食らいました。

現時点ではこんな感じです。
さてさて、これからバッファロードーターを観に行きます。

では。
[PR]
by killer_condors | 2006-07-30 16:10 | 雑記
【TEXT】 イエーイ。夏真っ盛りだよ!! akai
えー。みなさんお元気ですか。
私どもキラーコンドルズのイシグロ・ヒダカはフジロックとか言って苗場に行ってるようです。
イシグロは3日間ぶっ通しでテントとかに泊まるらしい。この人はもう5年位毎年行っています。よっぽど好きなんですね。
ヒダカは今日だけ行って明日帰ってくるらしいが、宿もテントも無いということで、野宿でもするのだろうか。ある程度無事だといいんですが、完璧に無事でもつまらんと思います。

私も2度行ったことがあり1回目はまだ若く体力もあり、ステレオラブとか見れて嬉しーとか言って喜んでいたんですが、2回目はあまりに人が多く飯を食うのもトイレにいくのもままならず「音楽付き難民」の様を呈していました。
それ以来「フジロックは金貰ってもいきたくねえ」とか嘯いている訳ですが、今日のように天気もいい日にひとりでパソコンに向かってコツコツ鬱々レコーディングとかやってると、「苗場じゃなくて、高田馬場あたりでやってくれたら行くんだけどなあ」という気になってきます。

そういえば2回目に行ったときは前日folk squatのかつさんから「明日から2日分のチケットあるから行かない?」という電話があり、「タダか。じゃあいってみるか」ってことで行ったんですが、現地で会ったヒダカ、イシグロをはじめとするするちゃんとチケットを購入した友人たちの対応が少し冷たかったような気がする。でも逆の立場なら俺はそうする人だ。
f0010032_0173054.jpg

[PR]
by killer_condors | 2006-07-29 23:55
【TEXT】 夏風邪にご注意 byゆみ
こんばんわ。 ゆみです。

いやー、毎日ムシムシしますねー。
私、湿気に弱いんですよ。嫌になっちゃう。

私の中のジンクスで、「部屋が乱れると体調崩す。」と勝手に思い込んでいるふしがあります。
相方さんが日曜の夜から扁桃腺風邪を患っているので、
月曜日から部屋の掃除開始。
毎日、床を水拭きし、水周りを消毒。洗濯もまめにして。。

これだけやれば、元気になるだろう。。なんて淡い期待をしていたんですが、
相方さんの症状は横ばい。さらに私に風邪が移りつつある現状。
週末までには治るように祈ろうと思います。
f0010032_0103979.jpg


夏の風邪は、しぶとくて長引くので、皆さんもご注意下さいね。
[PR]
by killer_condors | 2006-07-27 23:55 | 雑記
【TEXT】 デスノート hidaka
こないだ本屋をうろうろしていて、久しぶりに漫画を読みたくなり「デスノート」を買ってみました。
映画化とかされてご存知の方も多いはず。

まずは一巻を買ってみて様子見、といったところだったんだけど、これが面白くてコロッと虜にされてしまい一週間くらいの間に全巻購入してしまいました。全12巻。

12巻で完結ってとても良いと思う。キリが良いですね。現在唯一買っている漫画は「はじめの一歩」なんですが、これが既に70巻超えていてしかも表紙がほとんど主人公、一歩の顔ときたものだから大変。
最新巻を買ったのか買っていないのか分からなくなり、何度かダブってしまいました。
2冊あっても仕方ないので、ヤギにくれてやりましたけどね。

ちらりとデスノートの説明をすると、死神が人間界に落とした一冊のノート。そのノートに人の名前を書くと、その人間は死んでしまうという恐怖のノート、それを拾った青年が何やらかんやら、というストーリー。

怖いですねえ。でも面白いから読んでみてね。読みたい人は貸しますよ。

ちなみに「デスノート占い」というのがあったので名前をキラーコンドルズでやってみました。
結果は以下。

キラーコンドルズ『貴方の名前は松田 ですね?』
キラーコンドルズさんはたんぽぽを育てると幸せになれるでしょう。

とのことでした。おわり。
f0010032_152251.jpg

[PR]
by killer_condors | 2006-07-26 23:55 | 雑記
【TEXT】 MTV型破りPVランキング ishiguro
MTV視聴者が選んだ「型破りなミュージック・ビデオ・トップ10」

01.マドンナ「Like A Prayer」
02.ブリトニー・スピアーズ「Baby One More Time」
03.マイケル・ジャクソン「Thriller」
04.マドンナ「Ray Of Light」
05.マドンナ「Vogue」
06.マイケル&ジャネット・ジャクソン「Scream」
07.ロビー・ウィリアムス「Rock DJ」
08.エリック・プライズ「Call On Me」
09.ジャミロクワイ「Virtual Insanity」
10.スパイス・ガールズ「Wannabe」

トップ100のフル・リストが、8月1日にMTVで放送されるとのこと。

このベスト10だとマイケルですかね。ゾンビダンス。キレがいいです。

個人的にはケミカル・ブラザーズの「Star Guitar」ですね。
10位以内には入ってないですけど、型破りというか、ホホゥと感心したというか。
電車の車窓から見える景色と曲のフレーズがリンクしていて・・・
説明が難しいので見てみてください。
ちなみにこれのメイキングを見たんですが、これまた細かい作業を
コツコツ手作業でやってて、マメだなぁと2度感心。
これも説明が難しいのでメイキングも機会があったら見てください。
オススメPVですよ。
[PR]
by killer_condors | 2006-07-25 23:53 | 雑記
【TEXT】 プロレス本10選 akai
みなさんはプロレスとか見ますか?見ませんよね。私はそこそこ見ますよ。
三銃士のころの新日本プロレスから見始めて、他団体もちょこちょこ見て、その後日本のプロレス全体が何かどんよりとした感じになった数年前からアメリカのWWEも見ています。10月のWWE武道館公演行きます。楽しみです。
今回はそんな私が読んで面白かったプロレス本の中から10冊を紹介します。

①アントニオ猪木自伝  猪木寛至
②アントニオ猪木の伏魔伝  新間 寿
③アントニオ猪木の謎  加治 将一
④もう一人の力道山  李淳
⑤プロレス至近距離の真実 レフェリーだけが知っている表と裏   ミスター高橋
⑥流血の魔術最強の演技 すべてのプロレスはショーである   ミスター高橋
⑦倒産!FMW カリスマ・インディー・プロレスはこうして潰滅した   荒井昌一
⑧地獄のアングル プロレスのどん底を味わった男の告白  永島 勝司
⑨TAJIRIのプロレス放浪記  TAJIRI
⑩クマと闘ったヒト  中島らも+ミスター・ヒト

①はプロレスが好きとか嫌いという問題は抜きにして必読の一冊。波乱の人生。我々凡人とは根本的に思考のスケールが違います。猪木氏がアメリカ修行中に人参ジュースを御馳走になり、うれしくてジョッキで6杯飲んだらムスコが三日三晩立ちっぱなしになり試合のときに困ったという話が好きです。
②③は猪木周辺人物による猪木暴露本。猪木を語るにおいて欠かせない金銭問題とか女性関係とかスキャンダルが満載。①を読んでから読むと面白さ倍増。
④は歴史上の英雄力道山の裏面を描いたノンフィクション。昭和の裏歴史本としても楽しめます。
⑤は新日本プロレスの元レフリーであるミスター高橋がまだ現役の頃に書いたレスラー裏話集。ブロディーとかグレートアントニオとか外国人レスラーの常軌を逸した行為の数々をほのぼのと描いています。しかし区民の税金でこういう本を購入する板橋の図書館ってどうなんでしょうね。
⑥は上記の高橋氏が新日本を退団してから出版した究極の暴露本。それまでみんなが「多分そうなんじゃないかな」と思っていたプロレスの裏の部分を身も蓋もなくばらしています。本書出版後プロレス業界全体が本格的な不景気に。
⑦はFMWの元社長荒井氏が大仁田引退後のFMWを引き継ぎ散々苦労して結構上手くいって、でも大仁田に邪魔されたりして結局借金にまみれて倒産に至るまでを書き綴った一冊。本書出版のあと新井氏は自殺。涙なくしては読めません。
⑧は元新日本プロレス専務としてブイブイ言わせていた永島氏が会社での立場が微妙になって、同じような境遇の長州と旗揚げしたある意味伝説の団体WJがマンガみたいなトラブルの連続であっけなく解散するまでを綴った一冊。タイトルが良いですよね。
⑨は最近までアメリカのWWEで活躍していたTAJIRIによる日記。ストーンズのごとく世界中でツアーを行うWWEのスーパースター達の裏話満載。
⑩は故中島らも氏とカルガリーで活躍していたレスラーで現在お好み焼き屋を経営しているミスター・ヒト氏との対談集。暴露あり悪口あり武勇伝ありで楽しめます。私はアンドレ・ザ・ジャイアントが車で移動中缶ビールを118本のんでその後ワイン5ガロン(20リットル)あけたという話が好きです。

今回紹介した本は有名で手に入りやすいものばかり。古本屋とか図書館で見かけたら手にとってみてはいかがでしょうか。人生に少しコクがでますよ。
f0010032_22384080.jpg

[PR]
by killer_condors | 2006-07-24 21:58 | 雑記
【TEXT】 1人夏フェス気分 byゆみ
こんにちわ。 ゆみです。

魔界村、激ムズなゲームですよね。私は、1面のかなり最初の段階で死んでしまいます。
高橋名人の冒険島は、最後までクリアーしましたよ。これ、かなりの自慢なんです。
後半、武器も落ちておらず、ジャンプのタイミングを把握する時間と技術と忍耐力が
かなり必要です。ゲームは1日1時間じゃ、絶対クリアできません。

と、熱く語ってしまいましたが、今日はライブDVDのお話。

Yardbirds(ジェフベック・ジミーペイジ・クラプトンがメンバーだったことがあるバンド)の
当時のライブ映像と老けた本人(ジェフベックとジミーペイジと他メンバー)の
思い出話を収録したものを鑑賞。期待していた以上に面白く鑑賞しました。
まず、老けたジェフベックは、タンクトップを着ていたんですが、腋毛がないんですよ!
びっくり。外人だから金髪なだけか?と目を凝らして見たんですが、やっぱりない。
とっても神経質な雰囲気を前面に醸し出していたので、イライラして抜いちゃったのかな?と
私的見解。ちょっと彼にはしたくないタイプでした~。って言われてもって感じ?
ジミーペイジは、当時の映像は、とっても細くて知的そうで、かっこよく、
メンバーに抱かれるなら、ペイジ、貴方を選ぶわ☆ってくらいかっこよかったです。
しかし、老けたペイジは、私の母方の祖母に似ており、ある種複雑な思いで見ました。
f0010032_4263440.jpg
The whoとジミヘンは、1970年に島で行われたフェスのビデオを鑑賞。
まず、The who。山根似のベースさんのがい骨全身スーツに目を奪われます。彼だけ何故あの衣装?目立たないから?大人しいから?他のメンバーに強制された?などと、色々と想像を膨らませて楽しめます。
ギターさんは、白のつなぎを着ているのですが、裾が短く、
赤い靴下がちらちら見えて、とってもキュート。
そして、なんといってもドラム。止まることを知らないって感じで、エネルギッシュ。表情も動きも限界ぎりぎりに自己アピールしていて、憎めない感じでした。バタバタしたパワフルなドラムが好きな私は、彼から終始目を奪われておりました。素敵よ。ああ。大好き。
でも、彼、早くに亡くなっちゃってるんですね。残念です。。


ジミヘンは、前みた映像より大人になっていて、演奏がとても落ち着いていました。
(前見た映像は恐らくウッドストックだと思われます)
ジミヘンのストラップは、いつも可愛い柄なんです。
多分、あの可愛い柄ででも女の子のハートをキャッチしていたに違いありません。
ジミヘンのドラムも好きなんです。ああいうドラム叩けたら楽しそうだなー常々思います。
ジミヘンの衣装って腕にヒラヒラがついていることが多いような気がするんですが、
ギター弾く時に、気にならないのかしら?ガムを噛みながら、よくギター弾けるなー。
関心しっぱなしで、鑑賞いたしました。

久しぶりに長い文章を書いてしまいました。読んで下さった方、ありがとうございます。
ぐろやんと日高君は、フジロックに行くんですもの。
私は、気力と体力がないので、行けないけれど、
ライブDVDを見まくって、同じくらいテンション上げていこうと思います。
いや~。音楽ってほんとに良い物ですね~。ではでは。
[PR]
by killer_condors | 2006-07-23 04:34 | 音楽ネタ
【TEXT】 ファミコン hidaka
こないだゲームセンターCXというTV番組のDVDを見ました。

よいこの有野が懐かしいファミコンのゲームソフトをひたすら攻略するという単純な内容なのですが、これが本当に面白い。懐かし面白い。
昔友達の家とかでみんなで盛り上がったのを思い出してしまいました。

DVDで攻略していたゲームの一部を紹介すると、ご存知「スーパーマリオブラザーズ」シリーズ、「魔界村」、「高橋名人の冒険島」などなど。

ところで高橋名人の冒険島を攻略中に有野も言っていたが、名人なんで服着てないんでしょうね。
しかもアイテムの「スケボー」を取ると、裸にスケボーとヘルメットという変態スタイル。
別のアイテム「石オノ」を取れば裸に石オノ投げまくり。逮捕ですね。

魔界村のオープニングシーンにも注目。
主人公の男が裸で女といるところを、魔物に女をさらわれます。しかも墓場。
そして男の横には鎧が落ちてます。ていうか脱いでたんでしょうね、大人の事情ですね。
およそ子供向けのゲームとは思えないスタートを飾ったこの魔界村、難しいんだよね。当時私は全く攻略できなかった覚えがあります。

ちなみに高橋名人はゲーム中ずっと裸です。着る気無し。服を持っていないんでしょう。


昔のゲームには今のゲームには無いスリリングな要素があったような気がしますね。
本気でゲームに打ち込む有野の姿を見てちょっと好きになりましたね、思ったより面白い事言うし。
機会があったら是非見てみてね。面白いから。
[PR]
by killer_condors | 2006-07-22 02:40 | 雑記
【TEXT】 録音にむけて ishiguro
さて、梅雨だからといってボヤボヤしてたらこのブログの更新も
遅れてました。すいません。「レコーディング中だから」という言い訳は
しませんので、「なんだよこいつら早くしろよCD買わねぇぞ」とか
言わないでください。良いモノ出来ますよ。

個人的に前回のレコーディングと違う点は、使う機材が変わっている
ことですかね。スネアが変わってます。前回はPearlのスチール。
今回はYAMAHAのメイプル。前のスネアより音量が出るやつなので
また違った感じになるのではないかと。楽しみです。

さぁ、恒例の脳内練習、今回の講師は「スティックを持った渡り鳥」
でおなじみコージー・パウエル先生(※)です。

(※)次から次へバンドを渡り歩いた人。
   スティックは普通よりデカイ特注品。
[PR]
by killer_condors | 2006-07-21 01:29 | 雑記